受け付けられないAOI Case3:座標系の異なるAOI

AirbusのGeoStoreで読み込みができるAOIデータの座標系は、WGS84/UTMです。

データの形式はkmz、kml、shpいずれも読み込み可能ですが、設定されている座標系はWGS84/UTMである必要があります。

①他の座標系が設定されているshapeファイルをアップロードすると、

上記のエラーがでて、読み込みができませんのでご注意ください。

②他の座標系が設定されているkmlファイルをアップロードすると、

「ファイルのアップロードは失敗しました」というエラーがでますので、ご注意ください。

前へ

Airbusの2020年11月壁紙カレンダーのご案内

次へ

災害撮影 エーゲ海地震