災害撮影 SPOT6/7衛星が観測した令和2年7月豪雨 東北地方の豪雨・山形県最上川の氾濫

SPOT6/7衛星は災害管理支援に必要な最新情報をご提供いたします。

東北地方は7月28日、梅雨前線や低気圧の影響で大雨となり、秋田、山形両県で記録的な豪雨となりました。28日夜から29日朝にかけて、山形県の最上川で4カ所の氾濫が発生しました。いずれも流域住宅・農地への浸水被害が発生しており、山形県の発表によりますと、建物の被害は26の市町村で合わせて925棟で、農作物の被害は2278ヘクタールに上るということです。

この度の豪雨災害で被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

SPOT6/7衛星は、2020年8月1日~3日 被災エリアの衛星画像を取得しました。撮像エリアは、ソフトウェア Google Earthで開けるkmzファイルにてご確認いただけます。

Yamagata.kmz

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量

山形県西部(小国町)

SPOT7 2020/8/3  1:10 AM

DS_SPOT7_202008030110289

_JS3_JS3_JS2_JS2_E140N38_02764

28.8° 91.7%
山形県(山形盆地) SPOT7

2020/8/3 1:10 AM  

DS_SPOT7_202008030110041

_JS3_JS3_JS2_JS2_E140N38_03170

18.2° 100%

山形県(大蔵村、新庄市、舟形町)

SPOT6 2020/8/2  1:15 AM

DS_SPOT6_202008020115239

_JS3_JS3_JS2_JS2_E140N39_01709

22.6° 75.6%
山形県(大江町~日本海側) SPOT7 2020/8/1  1:24 AM

DS_SPOT7_202008010124131

_JS3_JS3_JS2_JS2_E140N38_01546

32.6° 80.3%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

Airbusの2020年8月壁紙カレンダーのご案内

次へ

続報2・災害撮影 Pléiades衛星が観測した令和2年7月豪雨