災害撮影 スエズ運河座礁事故

3月23日、アジアとヨーロッパを結ぶ海上交通の要衝、エジプトのスエズ運河で大型コンテナ船「エバーギブン」が座礁しました。船体で運河が塞がれてしまったため、通過を待つ船舶は300以上にのぼっているということです。NHKニュースによると、日本時間29日現在でも船体の離礁作業は依然として難航しており、物流への影響がさらに長引く懸念がでているということです。

Pléiades衛星は、2021年3月25日 座礁事故エリアの衛星画像を取得しました。座礁した船体と、通過を待つ船舶が確認できます。

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量
スエズ運河 Pléiades1A 2021/3/25  8:14 AM

DS_PHR1A_202103250814014_

FR1_PX_E032N30_0703_03088

49.5° 4.0%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

Airbusの2021年3月壁紙カレンダーのご案内

次へ

災害撮影 オーストラリアの大洪水