災害撮影 沖縄県大東諸島の台風10号

Pléiades衛星は災害管理支援に必要な最新情報をご提供いたします。

台風10号は、9月1日午後9時に小笠原近海で発生し、6日から7日にかけて、沖縄県の大東島地方から奄美地方を進み、九州地方に接近しました。非常に強い勢力で台風10号が直撃した沖縄県大東島諸島では南大東島で5日に最大瞬間風速51.6メートルを観測し、電信柱や街路樹が強風で揺れ、南北の大東村で970戸もの停電が起きました。避難所では多くの島民が外の様子を見ながら、不安な夜を過ごしたとのことです。

この度の台風災害で被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

Pléiades衛星は、2020年9月13日 被災エリアの大東諸島の衛星画像を取得しました。

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量

大東諸島

Pléiades1A 2020/9/13  2:14 AM

DS_PHR1A_202009130214043_

FR1_PX_E131N25_0422_01830

25.3° 4.3%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

続報2・災害撮影 Pléiades衛星が観測したモーリシャス沿岸における油流出事故

次へ

続報3・災害撮影 令和2年7月豪雨 東北地方の豪雨・山形県最上川の氾濫