災害撮影 SPOT6/7が観測した令和元年台風第10号

SPOT6/7衛星は災害管理支援に必要な最新情報をご提供いたします。

2019年 8月6日15時にマリアナ諸島で発生した台風第10号はゆっくりとした速度で北上を続け、九州・四国・中国地方を中心に大雨等の被害を出しました。

SPOT衛星は、2019年8月16~18日 台風被害エリアの衛星画像を取得しました。

撮像エリアは、ソフトウェア Google Earthで開けるkmlファイルにてご確認いただけます。

2019_Krosa.kml

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量
和歌山県1 SPOT6 2019/
8/16 1:26 AM

DS_SPOT6_201908160126082

_JS3_JS3_JS2_JS2_E136N34_01790

18.0° 89.9%
和歌山県2 SPOT6 2019/
8/18 1:12 AM

DS_SPOT6_201908180112182

_JS3_JS3_JS2_JS2_E136N34_01465

31.6° 24.2%
徳島県1 SPOT7 2019/
8/17 1:17 AM

DS_SPOT7_201908170117236

_JS3_JS3_JS2_JS2_E134N34_01790

14.7° 55.9%
徳島県2 SPOT7 2019/
8/17 1:17 AM

DS_SPOT7_201908170117391

_JS3_JS3_JS2_JS2_E135N34_01790

17.0° 44.4%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の「地図マーカー」ボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

日本写真測量学会 2019年度 年次学術講演会 商業展示に出展

次へ

災害撮影 SPOT6/7及びPléaides衛星が観測した台風19号