災害撮影 SPOT6/7及びPléaides衛星が観測したインド洋ベンガル湾のサイクロン「Amphan」

SPOT6/7及びPléaides衛星は災害管理支援に必要な最新情報をご提供いたします。

2020年5月20日午後(現地時間)にスーパーサイクロン・Amphanがインド東部とバングラデシュに上陸し、少なくとも80名以上の死者を出しました。インドのコルカタでは強風により木々や住宅等が倒壊し、甚大な被害がでています。

この度のサイクロンでお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

SPOT及びPléiades衛星は、2020年05月24日・25日 被災エリアの衛星画像を取得しました。

撮像エリアは、ソフトウェア Google Earthで開けるkmzファイルにてご確認いただけます。

Cyclone_Amphan.kmz

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量
Jessore SPOT6 2020/5/25  4:20 AM

DS_SPOT6_202005250420091

_JS3_JS3_JS2_JS2_E089N23_01952

15.8° 92.5%
Bashan Char(ロヒンギャ難民キャンプ) Pléiades1B

2020/5/ 25 6:05 AM  

DS_PHR1B_202005250446280

_FR1_PX_E091N22_0509_00729

17.1° 9.2%
Satkhira Pléiades1A 2020/5/24  6:13 AM

DS_PHR1A_202005240454549

_FR1_PX_E089N22_0118_00881

36.3° 50.9%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

【重要】引き続き・新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応について

次へ

Airbusの2020年6月壁紙カレンダーのご案内