災害撮影 アメリカの6つの州を襲った竜巻

2021年12月10日から11日にかけて、アメリカで大規模な竜巻の被害が発生しました。南部はケンタッキー州、テネシー州、ミシシッピ州、アーカンソー州 中西部ではイリノイ州とミズーリ州で多数の死傷者や建物の倒壊など甚大な被害が報告されています。

この度の災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。また、被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

12月12日~14日、 SPOT6/7衛星は被害地周辺の画像を取得しました。取得したシーンの情報はGoogle Earthで開けるkmzファイルにてご確認いただけます。

Tornedo-USA2021.kmz

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量
ケンタッキー州ボウリンググリーン周辺 SPOT6 2021/12/14 4:22 PM

DS_SPOT6_202112141617452_

FR1_FR1_SV1_SV1_W086N37_07148

19.6° 9.0%
ケンタッキー州メイフィールド周辺 SPOT7 2021/12/13 4:25 PM

DS_SPOT7_202112131625480_

FR1_FR1_SV1_SV1_W088N37_01140

18.9° 0%
イリノイ州にあるAmazon倉庫周辺 SPOT6 2021/12/12 4:32 PM

DS_SPOT6_202112121632439_

FR1_FR1_SV1_SV1_W090N39_02845

15.2° 1.2%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

災害撮影 インドネシア ジャワ島 スメル火山の噴火

次へ

災害撮影 フィリピンを襲った台風22号