災害撮影 アメリカ ニューヨーク州の洪水

2021年8月末にアメリカ南部に上陸したハリケーン「アイダ」はその後熱帯低気圧となり、ニューヨーク州、ニュージャージー州などの北東部に記録的豪雨をもたらしました。

この度の災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。また、被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

9月2日、Pléiades衛星は現地の画像を取得しました。下記は、災害前の画像と災害後の画像を並べて比較したものです。

取得したシーンの情報はGoogle Earthで開けるkmzファイルにてご確認いただけます。

NewYork.kmz

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量
ニューヨーク州ハミルトン郡周辺 Pléiades1B 2021/9/2 03:47 PM

DS_PHR1B_202109021547454_

FR1_PX_W075N40_1105_04158

19.8° 0.0%
ニュージャージー州エジソン周辺 Pléiades1B 2021/9/2 3:47 PM

DS_PHR1B_202109021547113_

FR1_PX_W075N40_0910_05054

18.2° 0.0%
ニューヨーク州ハドソン川周辺 Pléiades1B 2021/9/2 3:47 PM

DS_PHR1B_202109021547010_

FR1_PX_W074N41_0204_02712

16.8° 1.1%
ニュージャージー州ニューアーク周辺 Pléiades1B 2021/9/2 03:47 AM

DS_PHR1B_202109021547294_

FR1_PX_W075N40_1124_06186

20.3° 3.5%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

Airbusの2021年9月壁紙カレンダーのご案内