災害撮影 SPOT6/7衛星が観測した小笠原諸島 西之島の噴火

SPOT6/7衛星は災害管理支援に必要な最新情報をご提供いたします。

2020年6月12日以降、小笠原諸島の無人島である西之島では火山活動が確認されており、15日には噴煙の高さが最大で火口縁上2,600mと推定される噴火が発生しました。この噴火により、小笠原村父島周辺に降灰予報が発表されました。西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が引き続き認められていることから、活発な噴火活動が継続していると考えられます。

SPOT6/7衛星は、2020年6月15日 西ノ島噴火の衛星画像を取得しました。

撮像エリアは、ソフトウェア Google Earthで開けるkmzファイルにてご確認いただけます。

Nishinoshima_Island.kmz

エリア 画像リンク先 衛星種別 撮影日時(UTC表示 日本時間は+9時間) シーンID 入射角 雲量
西之島 SPOT6 2020/6/15  12:49 AM

DS_SPOT6_202006150049425

_JS3_JS3_JS2_JS2_E141N27_01140

13.1° 10.9%

※リンク先で新しく展開される画面において、右上の地図マーカーボタンを押していただくと背景の地図にサムネイルが重なり、シーンの位置関係が分かりますので、ご活用いただければ幸いです。

前へ

Airbusの2020年6月壁紙カレンダーのご案内

次へ

災害撮影 タンクローリーが爆発  中国・浙江省